ルミガン通販

旅のおとも

20代女が1人旅するブログです!!

脱水症状に気をつけて!!水分補給はアクエリアス?ポカリ?

f:id:onigahi:20160520234030j:plain

 

さて、だんだん熱くなって参りまして。

そろそろ熱中症・脱水症状が心配になる時期に入ってきますね。

 

この問題、実は旅行中でも、いや、旅行中だからこそ気をつけなければいけません。

 

私も、一人旅中熱中症になりかけて大変なことがありました。

 

旅先でこそ尚更気をつけなければ行けないことです

 

さて、もう体がヤバいという時、私は自動販売機の前にたたずんでふと考えました。

 

 

「果たしてこの場合、ポカリスエットアクエリアスどちらがいいのだろうか」

 

という疑問にぶち当たりました。

 

ちなみにそのときは、アクエリアスしかなかったのでアクエリアスにしたのですが。

 

もし両方あった場合、どちらの方が適しているのだろう

という疑問です

 

ということで今回はその辺りをしっかり見ていきたいなと思います

 

熱中症とは?

 

まず、熱中症とは簡単に言うと

 

3%水分を失うと体調節機能が低下して変調をきたす症状を言います。

つまり大量に汗をかくと熱中症になる確率が上がるわけです

 

そうならないために、対策としてはこまめに水分をとることが大事になってきます

  

その際、ナトリウム100mlあたり40~80mg含んだ飲料を約30分に1・2杯程度接種することが望ましいそうです。

 

では、そういう情報をふまえた上で二つの飲料の成分を見てみましょう

 

 

 

スポンサーリンク

 

ポカリスエット成分

 

100mlあたりの栄養成分エネルギー:25kcal

 タンパク質・脂質:0g 

炭水化物:6.2g

 ナトリウム:49mg 

カリウム:20mg 

カルシウム:2mg

マグネシウム:0.6mg

 

 

砂糖、果糖ぶどう糖液糖、果汁、食塩、酸味料、香料、塩化K、乳酸Ca、調味料(アミノ酸)、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)

アクエリアス

100mlあたりの栄養成分エネルギー:19kcal

 タンパク質・脂質:0g

 炭水化物:4.7g 

ナトリウム:40mg 

カリウム:8mg 

マグネシウム:1.2mg

アルギニン:25mg

イソロイシン:1mg

パリン:1mg

ロイシン:0.5mg

 

 

果糖ぶどう糖液糖、塩化Mg、クエン酸、香料、果汁、クエン酸NA、アルギニン、塩化K、硫酸Mg、乳酸Ca,酸化防止剤(ビタミンC)、甘味料(スクローラース)、イソロイシン、バリン、ロイシン

結果、熱中症に良いのは?

ということをふまえてみて見るとエネルギーやナトリウムなどはポカリスエットの方が上回っているのが分かるかと思います。

お医者様でもすすめられるほどで、飲む点滴と言われるほどなので、

そういう意味ではポカリスエットは失った水分塩分を素早く補給し長くとどめるのに適していると言えるのではないでしょうか

 

スポーツ時にいいのは?

さて、成分からみて熱中症に適していると言いましたが

じゃあアクエリアスは劣っているのか?

そんなことはありません!!

ポカリが「飲む点滴」であるなら、

アクエリアスは「スポース飲料」です

 

というのもアミノ酸クエン酸などが入っていて

これらは『疲労回復』に適しているのだとか。

 

これらの成分でよく例に出されるのはレモンの蜂蜜付け』です

この二つの組み合わせがアクエリアスの成分と似ているんだとか

 

なので疲れたと思ったときに飲むのだとしたらアクエリアスが適していると言えるのではないでしょうか

 

大事なのは水分補給

さて、ここまで散々成分だとかなんだとか難しい話をしましたが、

結局のところ、一番大事なのはこまめに水分補給をすることです。

 

必ずしも、「ポカリスエットが無いから」といって自動販売機前にたたずむ必要性は無い訳です。

 

とにかく日中何かしら体に異変が出たら、まずは水分補給をしてください!!